プラチナ(白金)の歴史

プラチナ(白金)の歴史 | by kaitoriad
9月 04 2012 年

古代エジプト第18王朝時代には、ファラオが装身具として使っていたというようなこともいわれています。
現存する白金製品の中で、最古のものはルーブル美術館に収蔵されています。テーベの小箱、というのがこれにあたります。これは、エジプトのテーベにある、女性神官のシェペヌペットの墓から出土されたものであり、年代としては紀元前720年から紀元前659年ごろのものであると推測されています。
10世紀ごろになると、南米でも装身具として使われていたといわれています。純度80%以上のものであり、これはそれだけ当時から高度な精錬の技術があったことを示唆しています。合金状のものであっても、融点までの加熱を行なうということは当時の技術では不可能と考えられました。しかし、貴金属であるために酸素では酸化されないため、こういった性質を利用することで、粉末状や粒状のものを粉末冶金することによって、成型していたのではないかと推測されています。
南米は、歴史的にはスペイン人によって侵略が行なわれています。当時、ヨーロッパでは銀が多く使われていましたが、これと勘違いされてしまい、略奪が行なわれた際に持ち去られてしまいました。しかし、銀よりも融点が高いものであるため、銀を加工するための設備だけでは溶かすことができなかったのです。そのため、多くのものがここで廃棄されたといわれています。 この投稿の続きを読む »

1カラットと0.3カラットとの大きさの違い

1カラットと0.3カラットとの大きさの違い | by kaitoriad
11月 22 2012 年

ダイヤモンドの品質は同じになっていますので、大きさに関しても、輝きの度合いが違っています。0.3カラットの指輪のダイヤモンドグレードの場合、「D-VS1-Good」で、つまりそこまで悪いわけではありません。
この投稿の続きを読む »

ダイヤモンドの価格の成り立ち

ダイヤモンドの価格お成り立ち | by kaitoriad
11月 16 2012 年

ダイヤモンドの相場価格というのは、まずダイヤモンドそのものの需要と供給、外国為替相場、流通経路という三つの要素が主な要因となって決まっていきます。そして、さらにそこにダイヤモンドそのものの価値が入ってくることになります。
ダイヤモンドの市場動向にあわせ、供給の量が調整されることになり、原石価格の変動が起こることになります。需要が多く、供給が少ない場合には自然と価値は上がることになり、その逆になれば価格は下がっていきます。
この投稿の続きを読む »